江戸切子の模様

サクラ紋切り子 彩り硝子工芸オリジナル徳利の

伝統工芸江戸切子の模様の特徴は、

江戸時代から続けてきた
先人達
切子職人の
個々の工夫の集積。

そして、今も新しい模様創りの試行が続けられています。

まずは、代表的な切子模様を紹介いたします。

色々な模様があります。もう少し充実させますので。



代表的伝統模様 魚子(ななこ)模様です。江戸切子の切子の制作映像もあります。

下の模様は表面の色ガラス層を削り落し下のガラス(透明)まで削り出す・・色被せ切子(いろきせ)

菊籠目 瑠璃被せ

きくかごめ るり きせ

菊つなぎ 金赤被せ

きんあか きせ

籠目 紫被せ

かごめ むらさききせ

回転する砥石(といし)上で器を手で持ち
規則正しく1本1本手で押し当て切る(けずる) 前の項 切子の工程参照

HOME / NEXT イメージ写真へ